04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

オリオン座流星群!!!

2011.10.21 (Fri)

はい、( ゜▽゜)/コンバンハ

ブログネタがないと言って書いた1つ前の記事から20分もしないうちにもう一個ブログをUPです(笑)

・・・ネットニュースをチェックしていたら、大好きな流星群観測ができるという情報をキャッチ!!

本日夜中から明日の朝方にかけ、オリオン座流星群が極大をむかえるとか。

天文ファンのバナナとしては、今日は徹夜だね。

コンビニで買うもの・・・更に明確になりました♪

大量のお菓子と、飲み物(笑)

はりきって、観測しよ☆


さてさて、詳しくは以下文章を見て下さい☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

~Andrew Fazekas for National Geographic Newsより抜粋~

 10月9日未明に出現したりゅう座流星群(ジャコビニ流星群)の天体ショーは、観測条件に恵まれなかった天文ファンも多いのではないだろうか。だが10月はもう1回チャンスがある。オリオン座流星群が日本時間21日深夜から22日早朝にかけて極大を迎えるという。北日本など観測条件が良い場所なら流星観測を楽しめそうだ。

 オリオン座流星群は8月のペルセウス座流星群と比べると華やかさには欠けるが、起源は有名なハレー彗星である。

「流星は最大規模ではないが、ハレー彗星は誰でも知っている母天体だ」とアメリカ、シカゴにあるアドラープラネタリウムの天文学者マイケル・ソロントイ(Michael Solontoi)氏は話す。

「太陽を周回するハレー彗星は、太陽への近接通過時に熱せられて大量のちりを軌道上に放出する。前回の近接通過は1986年だった。軌道上のちりの帯を地球が通過する際に見えるのがオリオン座流星群だ」。

 オリオン座流星群は毎年ほぼ同じ時期に出現する。このとき、ハレー彗星のちりの帯に含まれる砂粒サイズの粒子が、時速14万5000キロ以上のスピードで地球の大気圏に突入している。粒子は上層大気と衝突して崩壊、幾筋もの光となって夜空を飾るのだ。


◆ベテルギウスが流星群の目印

 ほかの流星群と同様、オリオン座流星群も放射点にある星座から命名されている。観測ポイントを見つけるには、ギリシャ神話の狩人、オリオン座を探すとよいだろう。その肩に位置するベテルギウス(オレンジ色に輝く明るい星)のすぐ上から流星が放射状に流れる。

「空全体で見える。特に東の空は条件が良好なので、観測のチャンスが増えるだろう」とソロントイ氏は予想する。「活動のピーク時には1時間あたり10~20個程度の出現が予想されているが、今年は下弦の月による光の影響で見える流星は少なくなりそうだ」。

 オリオン座は天の赤道上にあり、条件が整えば地球上のどこからでも観測できるという。日本では21日深夜から22日早朝にかけてがお勧めだ。「天気に恵まれれば、早朝の南東の空に流星が見えるだろう。防寒対策をしっかりしてぜひ体験してほしい」。



スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

22:11  |  天体観測  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

りゅう座流星群

2011.10.08 (Sat)

今日はこれから流れ星観測をします(*´∇`*)ノ

10月9日明け方にかけてりゅう座流星群が見れます♪

以下『アストロアーツ』より抜粋。

•10月りゅう座流星群(旧称ジャコビニ流星群)は、13年ごとに大出現を見せることがあり、今年2011年がその周期にあたる年です。13年前の1998年には、ピーク時で1時間あたり100個近い流星が観測されました。
•2011年の出現は、複数の研究者により、「午前2時ごろ」と「午前5時ごろ」(いずれも日本時)の2回ピークがあると予想されています。

•1回目よりも2回目のピークのほうが、流星数が多くなると予想されています。

•ただし、いずれの場合でも、放射点(ここを中心に流星が飛ぶように見える天球上の一点)の高度が低く、月明かりがほぼ一晩中夜空を照らしているため、あまり好条件とは言えません。
また、2回目のピーク(5時ごろ)には、東日本や北日本では日の出時刻が近づいており、空がかなり明るくなっているので、観察は困難です。

•世界的には、ロシアや中央アジア、ヨーロッパ、アフリカ北部などが(月の影響を除いては)好条件とされています。とくに2回目のピークは、北欧、西欧が好条件となります。

日本での条件はあまり良くないという予想のため、過度の期待はしないほうがよいかもしれません(39年前の「空振り」を思い出される方もいるかもしれません)。


・・・ということで、風邪をひいているにも関わらずこれから天体観測を始めるチャレンジャーです(笑)

出来れば、大雪山十勝岳の望岳台に行って観測したかったけど、車のタイヤが夏タイヤの為断念(/・ω・)/


・・・私にこんな趣味があったなんて(天体観測)誰も想像つかないでしょう(▼∀▼)ニヤリッ

結構・・・天体好きです。

星を見ると癒されます。

そのルーツ・・・小学生の時に行ったキャンプ。

夜・・・花火を終えて海辺で空を見上げる。

流れ星が1個・・・2個・・・(*'ω'*)......ん?

(・・?))アレ((?・・)アレレ・・・

ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

☆彡

降り注ぐ流れ星。

8月のお盆あたりの出来ごと。

きっとしし座流星群の当たり年だったはず。

そんな体験をしてから、星が好きになり・・・。

人工衛星や国際宇宙ステーション(ISS)も見つけちゃうのまでお手の物♪

明日。。。もう少しですが、10月9日AM3:20&AM4:53分頃に旭川では国際宇宙ステーション(ISS)が見れます♪

太陽に照らされて(☆Д☆)キラリーン♪と光って動く星のようなものが見れますよ♪

さっ、準備してこよう♪

夜空の下で片手にipad・・・星座を見ます☆

ipad便利。

星座アプリ・・・ゲットしたし☆

星座の位置も現在の位置から同期して観測出来るし、音楽を聞きながら観測出来るし☆

さっ、======☆(((((((((^ー^*)ノイッテキマース♪
23:52  |  天体観測  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。